MENU

GMOオフィスサポートの評判・口コミは?安い?料金・特徴まとめ【バーチャルオフィス】

GMOオフィスサポートの評判・口コミは?安い?料金・特徴まとめ【バーチャルオフィス】

近年では起業やフリーランスの活動が急速に広がり、好きな場所で働く人も増えています。しかし、自宅をオフィスの住所とするとプライバシーが気になりますし、ビジネスの信用性にも影響を与える可能性があります。

そこで注目されるのが「バーチャルオフィス」の存在。中でもGMOオフィスサポートは多くのユーザーを抱える、人気のバーチャルオフィスの1つです。

しかし一方で、「GMOオフィスサポートは本当に信頼できるのか?」、「料金はどのくらいかかるのか?」といった疑問を抱いている方も多いでしょう。

そこで本記事では、GMOオフィスサポートの評判や特徴、料金体系などを解説していきます。

\クーポンコード「t0u0y6」
入力で10%OFF/
\さらに初年度基本料金3ヶ月無料/

※ 新規契約特典は今だけなのでお急ぎ下さい

目次

GMOオフィスサポートとは

GMOオフィスサポートは、GMOインターネットグループが運営するバーチャルオフィスです。リモートワークや自宅での仕事を行う人に対し、住所を提供しています。
東京、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡と全国の主要な都市に12箇所のオフィスを構えており、各地域でビジネスを行っている人に対応することが可能です。

最大の特徴は月額660円~と料金が格安であることです。手頃な価格設定により、スタートアップ企業や小規模ビジネスにとっても利用しやすいおすすめのバーチャルオフィスです。
登記や郵便物の転送といったオプションも充実していて、必要最小限の費用でサービスを受けることができます。

GMOオフィスサポートの住所まとめ

関東

エリア住所アクセス
渋谷〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1丁目10番8号渋谷道玄坂東急ビル2F-C
渋谷駅から徒歩3分
新宿〒160-0023
東京都新宿区西新宿3丁目3番13号西新宿水間ビル2F
新宿駅から徒歩8分
銀座〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目12番4号N&EBLD.6F
東銀座駅から徒歩2分
青山〒107-0062
東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F
外苑前駅から徒歩3分
秋葉原〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1番地6−16ヤマトビル405
秋葉原駅から徒歩3分
横浜〒220-0072
神奈川県横浜市西区浅間町1丁目4番3号ウィザードビル402
横浜駅から徒歩9分

東海・関西

エリア住所アクセス
名古屋〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目24番5号第2森ビル401
名鉄名古屋駅から徒歩6分
大阪・梅田〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目2番2号大阪駅前第2ビル12-12
大阪駅から徒歩4分
京都〒600-8223
京都府京都市下京区七条通油小路東入大黒町227番地 第2キョートビル402
京都駅から徒歩7分
神戸〒651-0084
兵庫県神戸市中央区磯辺通1丁目1番18号カサベラ国際プラザビル707
三ノ宮駅から徒歩10分/
貿易センター駅から徒歩3分

九州

エリア住所アクセス
博多〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目23番2号 ParkFront博多駅前1丁目5F-B
博多駅から徒歩7分
天神〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目2番12号T&Jビルディング7F
西鉄福岡(天神駅)から徒歩1分

GMOオフィスサポートの評判・口コミ

次に、GMOオフィスサポートの評判について詳しく見ていきます。

インターネット上に投稿された口コミから、ユーザーのリアルな声を知ることができるので、悪い口コミと良い口コミの両方をチェックして、参考にしてみてください。

GMOオフィスサポートの悪い評判・口コミ

サービス内容は住所貸しのみの

バーチャルオフィスの利用料は安かったが、受付スタッフなし、会議室なし

最低限のただの住所貸し

引用元:Google口コミ

審査の前に入金しなければならない

GMOオフィスサポートは申し込みさせてから審査の前に金払えっておかしくない?変な会社でも先に契約実績成立した事になっちゃうんじゃねーの?審査通らなかったら金だけ持ってくのか?返金してくれるとしてもめんどくせーじゃん色々と

引用元:Twitter

GMOオフィスサポートの良い評判・口コミ

すぐに利用開始でき、コスパも良い

本当に1日で利用開始できた。
法人銀行口座も作れて転送料も込みで1650円てコスパ良すぎ。ありがたい。

引用元:Google口コミ

シンプルな料金体系

料金体系が非常にわかりやすく、法人口座とつながれるので嬉しい。コスパ最高だと思う。

引用元:Google口コミ

対応が丁寧

バーチャルオフィスのGMOオフィスサポートを利用しており初めて設立住所に伺いましたが、親切丁寧に様々な対応をやっていただいて、非常に良かったです。また自社サービスを選んだ理由なども聞いていただきましたが、サービス改善も積極的に行っている様子で、素晴らしでした

引用元:Twitter

GMOオフィスサポートの料金プラン

GMOオフィスサポートの料金プランは主に4つあります。

登記の可否や郵便物転送回数によって異なるので、必要に合わせてプラン選択を行いましょう。

すべてのプランにおいて、初期費用は保証料は不要となります。

転送なしプラン

住所貸出のみのシンプルなプランです。

登記や郵便物受取は利用できません。

  • 月額:660円
  • 住所利用:ネットショップなどHPへの掲載
  • 郵便物:転送なし
  • ビジネス支援:ビジネス支援サービス

月1転送プラン

月に1度郵便物転送が行われるプランです。

登記もできるので、頻繫には郵便を利用しない法人におすすめです。

  • 月額:1,650円
  • 住所利用:ネットショップなどHPへの掲載、法人登記
  • 郵便物:月に1回転送、簡易書留受取、郵便物転送、LINEで郵便物通知
  • ビジネス支援:ビジネス支援サービス、銀行紹介

隔週転送プラン

2週間に1度郵便物が転送される、登記可能なプランです。

普段から郵便を利用するが、費用を抑えたいという方に向いています。

  • 月額:2,200円
  • 住所利用:ネットショップなどHPへの掲載、法人登記
  • 郵便物:2週間に1回転送、簡易書留受取、郵便物転送、LINEで郵便物通知
  • ビジネス支援:ビジネス支援サービス、銀行紹介

週1転送プラン

毎週郵便の受け取りが可能なプランです。

頻繁に郵送物を受け取る方におすすめです。

  • 月額:2,750円
  • 住所利用:ネットショップなどHPへの掲載、法人登記
  • 郵便物:週に1回転送、簡易書留受取、郵便物転送、LINEで郵便物通知
  • ビジネス支援:ビジネス支援サービス、銀行紹介

オプション

基本プランに追加して、オプションサービスを選択することができます。
オプションには有料のものと無料のものがあり、より快適にビジネスを行うために自分に必要なサービスを付け足すことができます。

写真でお知らせ(1,000円/月)

届いた郵便物の写真をマイページ上で確認できるサービスです。
定期的に郵便物を転送するスケジュールを設定していても、必要な郵便物が来た時にすぐに確認し、必要があれば転送を指示することができます。そのため、重要な郵便物を見落とすことなく迅速に対応することが可能となります。
また、転送が不要な郵便物については、そのまま廃棄することもできます。
その際、即時転送は1通につき550円、破棄指示は無料で利用することができます。

宛名(屋号等)の追加(1,650円/月)

登録の氏名・法人名以外の宛名で荷物を受け取ることができるオプションでし。屋号やペンネーム、ショップ名、サービス名、法人の担当者名などを登録し、それらの名前で荷物を受け取る際に利用できます。複数のブランド名やビジネス名を使っている方々に便利な機能です。申し込みの個人・法人それぞれについて、1つまでは無料で登録することができ、それ以降の登録は1件につき1,650円/月となります。

郵便物転送サービス

郵便物の転送ができる基本プランの場合、150g以内の郵便物であれば無料、それよりも容量が大きい場合は大きさごとに追加料金がかかります。

内容150g以内150g以上4kg未満
(A4より小さい)
150g以上4kg未満
(A4より大きい)
4kg以上
料金(税込)0円440円/通実費実費

速達・書留の転送は1通につき660円で行います。

また、バーチャルオフィスで受け取りができない郵便物が届いた際は、不在票の写真をマイページ上にアップロードして貰えます。(1回220円)

GMOオフィスサポートのメリット・デメリット

GMOオフィスサポートを利用するメリットとデメリットをご紹介します。

ポジティブな面とネガティブな面の両方を考慮し、ご自身のビジネスに適しているかの判断材料にしてみてください。

GMOオフィスサポートを利用するメリット

GMOオフィスサポートは、その手頃な料金と高いユーザー満足度が特徴です。

具体的なメリットを挙げると、以下のようになります。

  • 低価格で都心一等地の住所が利用できる
  • 東証プライム上場企業のグループ会社が運営しているため、安心して利用できる
  • GMOあおぞらネット銀行と提携しているため、法人口座をスムーズに開設できる
  • 審査が早い

それぞれのメリットについて、具体的に見ていきましょう。

低価格で都心一等地の住所が利用できる

GMOオフィスサポートを利用する大きなメリットの1つは、都心の一等地の住所をリーズナブルな価格で利用できることです。一般的に、一等地にオフィスを構えると多大なコストがかかり、スタートアップや中小企業にとっては大きな負担となりがちです。GMOオフィスサポートを利用すれば、一等地の住所を手頃な価格で活用し、企業の信頼性を高めることができます。

東証プライム上場企業のグループ会社が運営しているため、安心して利用できる

GMOオフィスサポートは、東京証券取引所プライム市場に上場しているGMOが運営しています。
大元の企業が安定しているため、貸し住所の移転の心配も少なく、安心してビジネスに集中することができます。

GMOあおぞらネット銀行と提携法人口座をスムーズに開設できる

同じGMOグループのGMOあおぞらネット銀行と提携しているため、法人口座の開設をスムーズに行うことが可能です。複雑な銀行手続きを省くことができ、スムーズにビジネスを始めることができます。

審査が早い

GMOオフィスサポートは、審査の速さも業界内随一です。
「最短即日」と謳っている通り、申し込んだその日から使えることもあります。

GMOオフィスサポートを利用するデメリット

GMOオフィスサポートはネガティブな意見が少ないバーチャルオフィスです。しかし、以下のようなデメリットもあるので、利用を検討している場合注意が必要です。

  • 会議室・ワークスペースがない
  • 地方都市の住所を使うことができない

それぞれのデメリットについて、具体的に見ていきましょう。

会議室・ワークスペースがない

会議室やワークスペースがないため、実際に業務を行うことはできません。
あくまでも住所のみの利用となるので、注意が必要です。
外出先で一時的に作業スペースが必要な時などは、提携サービスを利用することができます。GMOオフィスサポートは、ホテルの快適な空間(個室・オープンスペース)を15分単位で利用できる「Threes」と提携しており、ユーザーは、割引料金でThreesのサービスを利用することができます。

地方都市の住所を使うことができない

GMOオフィスサポートの提供する住所は大都市に限られています。
そのため、地方の住所でビジネスを行いたい人は現状では利用が難しいと言えます。

GMOオフィスサポートと他社バーチャルオフィスを比較

日本国内のメジャーなバーチャルオフィスは、GMOオフィスサポートの他にもDMMバーチャルオフィス、レゾナンスがあります。

3社のサービスを項目ごとに比較した表を見ていきましょう。

GMOオフィスサポートDMMバーチャルオフィスレゾナンス
入会金無料5,500円5,500円
最安プラン(月額)660円660円550円
週1転送プラン(月額)2,750円2,530円1,650円
郵便転送料金無料(150g以内)実費負担実費負担
オフィス住所東京(銀座、渋谷、新宿、青山、秋葉原)、神奈川(横浜)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)、京都、福岡(博多、天神)東京(銀座、渋谷)、大阪(梅田)、愛知(名古屋)、福岡(天神)東京(銀座、銀座2、渋谷、渋谷2、新宿、浜松町、日本橋)、神奈川(横浜)
法人登記可能可能可能
最低契約期間12ヶ月2ヶ月3ヶ月
会議室不可不可有料で利用可能
キャンペーン① 3ヶ月無料 ② 基本料10%オフ初月無料 (クーポン必要)3ヶ月無料
特典・サービス銀行口座開設申込
事業計画書フォーマット提供
会計サービス提供
電子印鑑のご紹介
ドメイン・メールアドレス提供
固定電話番号の案内
貸しワークスペースの案内
法人設立用印鑑セットの提供
法人設立代行のご案内
名刺提供
ビジネスクレジットカード作成
(セゾンカード・三井住友カード)
らくらくHP作成
AI秘書自動応答サービス
宛名追加
格安貸し会議室
銀行口座の開設
法人クレジットカードの紹介

GMOオフィスサポートが一番オススメである理由

  • 初期費用を抑えられる
  • 郵便転送の費用を抑えられる
  • 特典・サービスが豊富
初期費用を抑えられる

他社では入会金5,000円以上もの入会金が必要となる中、GMOオフィスサポートは入会金が無料となります。
初期費用を抑えたい人には最適のサービスと言えます。

郵便転送の費用を抑えられる


GMOオフィスサポートは、150g以内であれば郵便転送料が無料となります。
これも、他社サービスと比べて圧倒的にお得です。

特典・サービスが豊富


GMOオフィスサポートは東証プライム上場企業であるGMOの一角なので、グループ企業と提携した豊富なサービスを受けることができます。
事業計画フォーマットや会計サービスの提供など、ビジネスを行う上で役に立つサービスが数多く用意されています。

GMOオフィスサポートの申込方法・利用するまでの流れ

GMOオフィスサポートを利用するまでの流れをご紹介します。

申し込みから利用開始までのステップはとてもシンプルです。

STEP
申し込み

お申し込みフォームから必要情報を入力します。

STEP
支払い

クレジットカードを登録し、利用料金の決済を行います。

STEP
本人確認/審査

申込み者の本人確認を行った後、社内でお申込み内容の審査が行われます。審査は最短即日で完了します。

STEP
利用開始

支払い完了が確認できれば、最短で当日からバーチャルオフィスが利用できます。

GMOオフィスサポートでよくある質問

GMOオフィスサポートの利用に関するよくある質問をまとめました。
サービス内容や料金プランについてなど、利用の際に知っておきたい要点を中心にピックアップしたので、利用を検討している方やすでに利用している方はぜひ参考にしてみてください。

電話番号の取得はできますか?

GMOオフィスサポートは、固定電話転送サービス「03plus」と提携しており、このサービスを利用することで事務所専用の電話番号を取得できます。

サービスは月額1,078円(税込み)から利用可能で、利用開始時にはAmazonギフト券1,000円分がもらえるお得な特典も付いてきます。

ただし、電話番号の取得については、別の事業者である株式会社グラントンが担当しているため、契約手続きや支払いはその事業者と直接行う形になります。

転送された郵便物はいつ到着しますか?

通常であれば2~3営業日の間に到着しますが、配達状況によっては日数がかかる場合があります。

申込時に支払う料金はいくらですか?

12ヶ月の契約金を前払いします。GMOオフィスサポートは12ヶ月契約となりますが、新規契約特典として3ヶ月分の基本料金が値引きとなるため、実質9ヶ月分の料金を前払いすることになります。

また、オプションの「写真でお知らせ」を申込んだ場合、基本料金に加えてオプション料金を12ヶ月分前払いします。
日割り計算、初期登録費用、デポジットはありません。

領収書は発行できますか?

領収書の発行は行われていませんが、マイページから支払い明細を確認することができます。

郵便物を直接受け取りに行くことはできますか?

契約オフィス、契約プランによっては直接引き取りが可能です。

詳しくは公式HPをご確認ください。

プラン変更は可能ですか?

可能です。マイページから変更の申請をし、差額を支払うことでプランの移行ができます。

解約方法を教えてください。

解約希望日の40日前までにお問い合わせフォームから連絡することで、自動更新が停止できます。

まとめ:GMOオフィスサポートはこんな人におすすめ

GMOオフィスサポートは、コストパフォーマンス良さや豊富な選択肢から選べる住所が特長のバーチャルオフィスです。特に以下のような方におすすめです。

費用を抑えながら都心一等地の住所を使いたい人
GMOオフィスサポートは月額660円~と、低価格ながら東京の一等地(銀座、渋谷、新宿、青山、秋葉原など)を含む幅広いオフィス住所を選ぶことができます。

・物理的なオフィススペースは不要で、ビジネスの登記住所だけを確保したい人
GMOオフィスサポートは、物理的なオフィススペースを提供するのではなく、企業の登記住所として利用できるバーチャルオフィスサービスです。
手頃な価格設定で必要最低限のサービスが受けられる無駄のないプラン設定のため、使い勝手が良く、常に高い評価を受けています。

・すぐにビジネスを始めたい人
GMOオフィスサポートは入会金無料で、最短で即日から利用することができます。
利用開始手続きもシンプルなので、ビジネス立ち上げ時の忙しい時期にもとても便利です。

数あるバーチャルオフィスの中でも、GMOオフィスサポートは非常に利便性が高いサービスであると言えます。
これからビジネスを立ち上げようとしている人や、既に自分のビジネスを行っていて住所が必要な人は、ぜひ利用を検討してみてください。

コメント

コメントする

目次