MENU

バーチャルオフィス1の評判・口コミは?安い?料金・特徴まとめ【バーチャルオフィス】

バーチャルオフィス1の評判・口コミは?安い?料金・特徴まとめ【バーチャルオフィス】

これから会社設立をしたい方におすすめのサービスがバーチャルオフィスです。賃貸オフィスを借りる費用を節約したい方や都心の住所を利用したい方にバーチャルオフィスは最適なサービスといえます。

バーチャルオフィスのサービスの中でも注目度が高いのがバーチャルオフィス1です。それでは、バーチャルオフィス1のサービスの質や料金、評判はどうなっているのでしょうか。

本記事ではバーチャルオフィス1の特徴や料金、評判・口コミについて詳しく紹介します。

バーチャルオフィスを利用したい方や、バーチャルオフィス1が気になっている方はぜひ参考にしてください。

目次

バーチャルオフィス1とは

バーチャルオフィス1はリーズナブルな料金で法人登記や郵便転送などに対応しているバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスサービスの中には価格体系が不明瞭であり、追加料金が多くかかるケースも少なくありません。バーチャルオフィス1はシンプルな価格体系であり、基本料金は月額880円と郵送費用のみとなっています。

無料で利用できるサービスが充実しているのもバーチャルオフィス1の特徴です。住所利用・法人登記や来客対応、郵便物転送、LINE通知、郵便物店舗受取などに対応しています。さらに、スポット転送や24時間郵便物受取ポスト、会議室といったサービスもオプションで利用可能です。

司法書士や税理士と提携しているのも特徴であり、連携サービスを利用すれば起業のサポートを受けられます。法人登記やホームページ制作、法人口座の開設などでサポートを受けられるため安心です。

東京や広島など複数の拠点を構えており、希望する都市部にある住所を利用できます。

リーズナブルな料金でバーチャルオフィスを利用したい方や専門家から起業のサポートを受けたい方にバーチャルオフィス1はおすすめです。

バーチャルオフィス1の住所まとめ

バーチャルオフィス1が展開している店舗の住所を以下にまとめました。

スクロールできます
店舗名称住所最寄り駅
渋谷店〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-16-6
二葉ビル8B
渋谷駅 徒歩5分
広島店〒730-0051
広島県広島市中区大手町1-1-20
相生橋ビル7階 A号室
広島電鉄本線 原爆ドーム前 徒歩2分

バーチャルオフィス1は東京都の渋谷と広島県広島市に店舗を構えています。いずれも都心部に位置しており、家賃相場の高いエリアです。バーチャルオフィス1の店舗を利用すれば、リーズナブルな価格で都心部の住所を利用できます。

バーチャルオフィス1の評判・口コミ

バーチャルオフィス1にはさまざまな評判・口コミが寄せられています。その中から、良い口コミと悪い口コミについて調べました。

バーチャルオフィス1の悪い評判・口コミ

バーチャルオフィス1への悪い評判・口コミを調べましたが、現在はほとんどありませんでした。

バーチャルオフィス1の良い評判・口コミ

バーチャルオフィス1への良い評判・口コミを調べましたが、現在はほとんどありませんでした。

バーチャルオフィス1の料金プラン

バーチャルオフィス1の料金プランは月額880円です。さらに、郵便物転送を利用する場合の発送費用が別途請求されます。月額料金は1年分を一括で請求される点に注意しましょう。

また、バーチャルオフィス1に登録する際の入会金は5,500円です。入会金は初年度のみ請求されます。また、保証金が請求されることはありません。

バーチャルオフィス1の月額料金880円には以下のサービスが含まれます。

スクロールできます
月額料金880円に含まれるサービス・住所利用・法人登記
・郵便物店舗受取
・月4回の郵便物転送
・郵便物の到着状況通知(LINE通知)
・来客応対システム
・DM破棄オプション

バーチャルオフィス1の郵便転送費用は以下の通りです。

スクロールできます
重量転送費用
50gまで150円
100gまで200円
150gまで300円
250gまで400円
500gまで500円
500g以上宅急便

また、バーチャルオフィス1では以下のオプションを用意しており、それぞれ料金が発生します。

スクロールできます
オプションサービス料金サービス内容
スポット転送550円+発送費用スポットで転送依頼ができるサービス
時間外郵便受取ポスト月額2,640円(年払い)営業時間外でも郵便物の受取ができる
渋谷店:24時間
広島店:8時~21時
会議室渋谷店:1時間1,100円
広島店:要問合せ
バーチャルオフィスの住所にある会議室の利用ができる

バーチャルオフィス1で郵便物の来店受取に対応している時間帯は平日11時~16時までです。オプションを利用すれば、渋谷店では24時間、広島店では8時~21時まで郵便物の受取ができます。

バーチャルオフィス1のメリット・デメリット

バーチャルオフィス1を利用するメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

バーチャルオフィス1を利用するメリット

バーチャルオフィス1を利用するメリットは以下の通りです。

  • 料金が安い
  • 来客応対に対応してくれる
  • 会議室を利用できる
  • ビジネスに最適な住所を利用できる
  • 個人から法人への契約の切り替えが無料

バーチャルオフィス1のメリットについて詳しく紹介します。

料金が安い

バーチャルオフィス1は料金が安い点が大きなメリットです。月額880円で東京都渋谷や広島県広島市の一等地にある住所を利用できます。

たとえば、東京都渋谷の賃貸オフィスを借りるとなると毎月最低でも数十万円程度の賃料がかかるでしょう。レンタルオフィスやシェアオフィスの場合でも月額数万円はかかります。それがバーチャルオフィス1の場合には月額880円で住所を利用できるため、毎月の賃料の大幅な削減が可能です。

また、バーチャルオフィス1を利用するのに初期費用は入会金の5,500円のみがかかります。それ以外に初期費用は一切かからないため、気軽に利用できるのがバーチャルオフィス1のメリットです。

来客応対に対応してくれる

バーチャルオフィス1は来客応対に対応してくれるのがメリットです。バーチャルオフィス1の住所を利用していると、突然オフィスにクライアントが訪問する可能性があります。そんな場合に備えて、バーチャルオフィス1ではエントランスに受付システムを用意しているため安心です。

バーチャルオフィス1の店舗にある受付システムでは、来訪者とバーチャルオフィス1の利用者が直接コミュニケーションを取れます。突然の訪問であっても直にコミュニケーションを取れるため、顧客に迷惑をかけません。

会議室を利用できる

バーチャルオフィス1に登録をすれば会議室を利用できるのがメリットです。各店舗に会議室が用意されていて、直接会って顧客と打ち合わせするのに利用できます。会議室の料金は渋谷店が1時間1,100円、広島店は要問合せです。

業務をリモートワークで行っている場合でも、どうしても直接人と会わないといけない場面はあります。ビジネス上の会話をするのであれば、ホテルのラウンジやカフェでは不適切です。バーチャルオフィス1のビル内にある会議室を利用すれば、安心してビジネスの会話ができます。

ビジネスに最適な住所を利用できる

バーチャルオフィス1を利用すれば、渋谷と広島というビジネスに最適な住所を利用できるのがメリットです。特に渋谷店は住所が「東京都渋谷区道玄坂」であり、ビジネス上の信頼性が高い住所となっています。ビジネスで信頼される住所を利用したい方や、自宅の住所を公開したくない方にバーチャルオフィス1はおすすめです。

個人から法人への契約の切り替えが無料

バーチャルオフィス1では個人で登録をした後に無料で法人契約へ切り替えができます。これから新規で法人を立ち上げたいならば、一度個人としてバーチャルオフィス1に登録をした上で法人を設立するという流れです。法人契約になるのに別途費用がかからない点は大きなメリットです。

バーチャルオフィス1を利用するデメリット

バーチャルオフィス1を利用するデメリットは以下の通りです。

  • 2店舗しか展開していない
  • 共有オフィスのサービスはない
  • 秘書代行のサービスがない
  • 電話番号・FAX番号の貸し出しに対応していない

バーチャルオフィス1を利用する際のデメリットについて紹介します。

2店舗しか展開していない

バーチャルオフィス1の店舗は渋谷と広島のみです。2店舗しか展開しておらず、東京都渋谷と広島県広島市の2つのエリアしかカバーしていません。これら以外のエリアの住所を利用したい方にバーチャルオフィス1はおすすめできないです。バーチャルオフィスのサービスで利用したい住所にこだわりのある方は、バーチャルオフィス1に不満を抱くでしょう。

共有オフィスのサービスはない

バーチャルオフィス1は共有オフィスやシェアオフィスのサービスを提供していません。他社のバーチャルオフィスの中には、共有オフィス・シェアオフィスのサービスを提供しているケースがあります。

共有オフィス・シェアオフィスとは、共用で利用できる執務スペースが用意されていて、自由に業務を遂行できるサービスです。バーチャルオフィス1のサービスは住所利用に限られているため、実際に業務を遂行できるスペースは提供されていない点に注意しましょう。

秘書代行のサービスがない

バーチャルオフィス1には秘書代行のサービスが用意されていません。秘書代行は主に電話の対応をしてくれるサービスです。利用者に代わってスタッフが電話の対応をしてくれます。連絡事項があれば後で伝えてくれるため便利です。バーチャルオフィス1は電話に関連するサービスを提供していないため、ビジネスに利用する電話番号を自身で用意して対応しなければいけません。

電話番号・FAX番号の貸し出しに対応していない

バーチャルオフィス1は電話番号やFAX場号の貸し出しに対応していません

電話番号・FAX番号を貸し出してくれるバーチャルオフィスを利用すると、固定番号を借りて、着信は即時転送してもらえるため便利です。固定番号を利用できればビジネスでの信頼度も高まります。

固定番号やFAX番号を利用したい方にバーチャルオフィス1はおすすめしません。

バーチャルオフィス1と他社バーチャルオフィスを比較

バーチャルオフィス1と他社のバーチャルオフィスを以下で比較しました。

スクロールできます
サービス名初期費用月額料金主なサービス主な店舗
バーチャルオフィス15,000円880円住所貸し
法人登記
郵便物来店受取
郵便物転送
来客応対
貸し会議室
渋谷
広島
レゾナンス6,500円~990円~住所貸し
法人登記
固定電話
郵便物来店受取
郵便物転送
来客応対
貸し会議室
浜松町本店
青山店
銀座店
日本橋店
渋谷店など
DMMバーチャルオフィス10,500円660円~住所貸し
法人登記(ビジネスプランのみ)
固定電話
郵便物転送
貸し会議室(名古屋店のみ)
銀座店
渋谷店
大阪梅田店
福岡天神店
名古屋店
GMOオフィスサポート無料660円~住所貸し
法人登記
固定電話
郵便物転送
東京(銀座、渋谷、新宿、青山、秋葉原)、神奈川(横浜)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)、京都、福岡(博多、天神)

バーチャルオフィス1が一番オススメである理由

他社のサービスと比較したときにバーチャルオフィス1を一番オススメできるポイントはたくさんあります。

バーチャルオフィス1がオススメである理由は以下の通りです。

  • 来客応対に対応している
  • 郵便物の来店受取ができる
  • 月額料金は他社と差がない

バーチャルオフィス1は来客応対に対応している点が他社よりもオススメできるポイントです。他社のサービスの中には来客対応していないものが少なくありません。バーチャルオフィス1であれば、来客対応のシステムが整っているため、急な訪問があってもしっかりとコミュニケーションを取れます。

バーチャルオフィス1は郵便物の来店受取に対応しているのもメリットです。他社のバーチャルオフィスの中にはスタッフが常駐しておらず来店受取に対応していないケースがあります。バーチャルオフィス1の場合は、オプションで時間外でもポストから郵便物を受け取ることができるサービスもあり便利です。

他社よりも優れた点が多いバーチャルオフィス1の月額料金は、他社と比較して大きな違いはありません。他社のサービスで月額料金が安い場合は、最小限のサービスしか用意されていないケースが多いです。バーチャルオフィス1の場合は、月額880円のプラン1つのみを提供していて、基本サービスが充実しています。

以上の理由からバーチャルオフィス1はバーチャルオフィスとしてオススメです。

バーチャルオフィス1の申込方法・利用するまでの流れ

バーチャルオフィス1への申込方法や利用するまでの流れについて詳しく紹介します。

Step1:申込フォームへの入力

バーチャルオフィス1のホームページ内にある申込フォームに入力することで申込が完了します。

申込の際には必要書類の提出も必要です。必要書類は個人事業主の方と法人の方で異なります。

個人事業主の方が提出しなければいけない書類は以下の通りです。

  • 住民票(発行から3ヶ月以内)
  • 印鑑登録証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 顔写真付き身分証明書(運転免許証やマイナンバーカード等)
  • クレジットカード
  • 事業概要説明書類

法人の方が申込をする場合に必要な書類は以下の通りです。

  • 履歴事項全部証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 代表権を持つ方の顔写真付き身分証明書
  • 実質的支配者の顔写真付き身分証明書
  • 事業概要説明書類
  • クレジットカード

事業概要説明書類とは、事業概要について確認するための書類のことです。どのような事業を行っているのか、事業を行うための知見や経験はあるのかといった情報がわかる書類を提出しなければいけません。事業内容がわからない資料しか提出しない場合は審査に通過できない可能性があります。

事業概要説明書類の例として事業計画書や資格証明書、クライアントとの契約書のコピーなどがあります。

Step2:審査

バーチャルオフィス1の審査は申込内容と必要書類の内容をもとにして判断されます。審査結果は最短即日でわかります。審査内容や基準については一切公開されていません。

Step3:クレジットカードの登録と初期費用入金

審査に通過した後はメールで審査結果がわかります。メール内にあるURLにアクセスすれば、クレジットカードの登録が可能です。登録したクレジットカードから初期費用が請求されます。

Step4:利用開始

初期費用の決済が確認されれば契約が成立したことがメールで連絡されます。メールを受け取った後は、メールの中に記載された案内に従ってすぐにバーチャルオフィスの利用が可能です。利用が開始すれば、同時に郵便物の転送ができるようになります。

契約成立後のメールの中には利用できる住所や会員サイトのログイン情報、マニュアル、郵便物の到着通知用のLINEのQRコードが記載されているため確認しましょう。

バーチャルオフィス1でよくある質問

バーチャルオフィス1に対してよくある質問を以下にまとめました。

  • 郵便物の受取方法は?
  • 受取ができない郵便物はありますか?
  • 利用できない業種はありますか?
  • どのようなオプションが用意されていますか?
  • 支払い方法はなんですか?

バーチャルオフィス1に関するよくある質問に回答します。

郵便物の受取方法は?

バーチャルオフィス1ではすべての店舗で窓口から郵便物を受け取ることが可能です。ただし、対応しているのは営業時間である平日の11時~16時までとなっています。

バーチャルオフィス1で郵便物を受け取るためには事前にメールで日時を連絡しなければいけません。また、受付窓口では身分証明書の提示が求められます。マイナンバーカードや運転免許証など顔写真付きの身分証明書を用意しましょう。

受取ができない郵便物はありますか?

バーチャルオフィス1では以下のような郵便物の受取ができないため注意しましょう。

  • 現金書留、内容証明、本人限定受取郵便
  • 公的または法的な書類、その他の重要書類
  • 壊れ物、貴重品
  • 生もの
  • 生き物
  • 危険物
  • 代金引換や着払いのもの
  • 3辺の合計が120cmを超えるもの
  • 一度に多量の郵便物や小包等
  • 法令に違反するもの

以上のものは受取に対応できないため気をつけてください。

利用できない業種はありますか?

バーチャルオフィス1では以下の業種の利用を禁止しています。

  • アダルト
  • ギャンブル
  • ネットワークビジネス
  • 情報商材販売
  • 出会い系サイト
  • ナイトワーク
  • その他当社が適切でないと判断する業種・団体

また、以下の業種については許認可の都合からバーチャルオフィスの利用ができません

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 古物商
  • 有料職業紹介業
  • 人材派遣業
  • 宅地建物取引業
  • 金融商品取引業
  • 産業廃棄物収集運搬業

バーチャルオフィス1を利用する前に、上記の業種に当てはまらないか確認しておきましょう。

どのようなオプションが用意されていますか?

バーチャルオフィス1ではさまざまなオプションプランを用意しています。主なオプションプランは以下の通りです。

  • DM破棄オプション(無料)
  • スポット転送
  • 屋号名、ショップ名の追加
  • 時間外郵便受取ポスト
  • 会議室

基本プランのサービスで不足する場合は、必要に応じてオプションの利用を検討しましょう。

支払い方法はなんですか?

バーチャルオフィス1で対応している支払い方法はクレジットカード決済のみです。クレジットカードを持っていない方はバーチャルオフィス1の登録ができません。

ただし、カードブランドロゴがついているデビットカードやプリペイドカードによる支払いも可能です。

まとめ:バーチャルオフィス1はこんな人におすすめ

バーチャルオフィス1は以下の人におすすめです。

  • 安い料金でバーチャルオフィスを利用したい人
  • 東京や広島の一等地にある住所を利用したい人
  • 会議室を利用したい人

月額料金が880円とリーズナブルであり、東京と広島の一等地に店舗を構えているのがバーチャルオフィス1です。

安い料金で充実したサービスやサポートを求めている人にバーチャルオフィス1はオススメできます。

目次