MENU

高級電動歯ブラシのおすすめ10選 | 選び方や人気商品( メーカー)を紹介

音波やヘッドの回転で効率良く歯磨きができる電動歯ブラシ。フィリップス・パナソニック・ブラウンといった大手メーカーからはさまざまな高級電動歯ブラシが発売されていますね。最近はアプリと連動して磨き残しをチェックできるハイエンドモデルも続々登場しているので、要チェックです。

とはいえ、パッと見どれも似たような形をしているので、何に注目すべきか、自分にはどれがあっているのかなど、選ぶのが難しいですよね。

そこで、この記事では、高級電動歯ブラシを厳選してご紹介します。

おすすめ高級電動歯ブラシの紹介だけでなく、高級電動歯ブラシ選びのポイントもご説明しますので、最後まで読めばきっとお気に入りの商品が見つかるはずです。ぜひ電動歯ブラシを購入する際の参考にしてみてください。

※ 2022年8月執筆時の情報です。
詳細は各公式サイトでご確認ください。

目次

高級電動歯ブラシ選びの重要ポイント

まずは高級電動歯ブラシが欲しいと思った時に、高級電動歯ブラシ選びの大事なポイントをまとめました。

高級電動歯ブラシ選びの重要ポイント
  1. 駆動方式の違いで選ぶ
  2. 充電式か乾電池式かで選ぶ
  3. メーカーで選ぶ
  4. ランニングコストで選ぶ

おすすめ高級電動歯ブラシをすぐに見る

それぞれポイントを解説していきます。

駆動方式の違いで選ぶ

高級電動歯ブラシの選び方1つ目は「駆動方式の違いで選ぶ」です。電動歯ブラシは大きく分けて音波式と回転式の2種類があります。

音波式は音波でブラシを振動させて、歯垢や歯間の汚れを取り除くことができます。1分間に20,000〜40000回もの回数振動しているので、歯磨き粉を付けなくても十分な洗浄効果があることがメリットです。ブラシが届かない部分も洗浄できるので、歯列矯正をしている人にも向いていますよ。

回転式はその名の通りヘッドが回転することで物理的に歯垢を除去する方式です。小回りの効くヘッドで歯を1本ずつ磨けるのが特徴で、いつもの歯磨きの強化版のようなイメージでしょう。一方で歯茎への刺激は強めなので力を入れてしまうと歯茎を痛める原因にも。強弱の自動調節機能がついたものや強さの段階を選べるものをチョイスするのがおすすめですよ。

他にも数は少ないですが、超音波式の電動歯ブラシもあります。マイルドな刺激ながら本格的なケアができるのが魅力。気になる人はチェックしてみてください。

充電式か乾電池式かで選ぶ

高級電動歯ブラシの選び方2つ目は「充電式か乾電池式かで選ぶ」です。自宅で使用するなら充電式、会社で使用したり旅行先に持って行ったりする場合は乾電池式の電動歯ブラシを選びましょう

充電式の場合は充電スタンドが付いているものにすれば、収納も楽々。残りの充電も気にせず使用できるのでストレスが少ないですよ。持ち運ぶにはやはり乾電池式の方が便利ですが、専用ケースが付いているものを選べば短期間の旅行などに持っていくことも可能です。

持ち出し用の乾電池式はコンパクトさが魅力です。小さすぎても使いにくくなる可能性があるので、グリップの太さや重さなどこだわりポイントを探してみましょう。

メーカーで選ぶ

高級電動歯ブラシの選び方3つ目は「メーカーで選ぶ」です。日本国内の電動歯ブラシのうち高級ラインについてはパナソニック・フィリップス・ブラウンがほとんどを占めています。それぞれのメーカーの特徴を理解すると、自分にぴったりの電動歯ブラシを探す手がかりにもなりますよ。

ここではそれぞれのメーカーの特徴を理解しておきましょう。

メーカー特徴
パナソニック国内メーカーで日本人に合った電動歯ブラシにこだわっています。小回りのきく小さなヘッドと歯間ケアに強みがあり、比較的高価格帯のものも多いのが特徴。その分交換ブラシの価格は安く、ランニングコストを抑えられるというメリットがあります。
フィリップス音波式を採用しており、海外メーカーらしくパナソニックと比較してもヘッドは大きめ。一度に磨ける範囲が広いので、時短にもなります。着色汚れが気になる人にもおすすめです。また歯茎への優しさにもこだわっているのも特徴ですね。
ブラウン回転式のヘッドを基本形としており、同社が特許を取得しています。電動歯ブラシでは唯一第三者機関による評価も行われており、手動よりも効果が高いことを実証済み。洗浄力が高く、歯を磨いている感を感じたい人にはうってつけです。

回転式が好きならブラウン一択、音波式ではヘッドの大きさやケアしたいお悩みにあわせて、パナソニックかフィリップスかが分けられそうですね。

​​ランニングコストで選ぶ

高級電動歯ブラシの選び方4つ目は「ランニングコストで選ぶ」です。

高級電動歯ブラシを購入する際は、どうしても初期費用に目が向きがちですが、交換ヘッドを含めたランニングコストを考えることも重要です。多くのメーカーが3ヶ月ごとのブラシ交換を推奨していますので、消耗品であるヘッド部分は高すぎると結果的にコスパが悪くなってしまいますね。

パナソニックはその点、他の大手企業に比べて交換ブラシの価格が安価なので、ご家族などヘッド交換の数が多い場合にぴったり。また、FOREOの電動歯ブラシのように頻繁に交換する必要がないものを選んでもよいでしょう

高級電動歯ブラシのおすすめ10選

数ある電動歯ブラシの中から、おすすめの高級電動歯ブラシを厳選しました。

今回紹介する高級電動歯ブラシはコチラになります。

高級電動歯ブラシのおすすめ10選
  1. フィリップス|ソニッケアー 9900 プレステージ
  2. フィリップス|ダイヤモンドクリーンスマート​​
  3. フィリップス|​​ソニッケアープロテクトクリーン
  4. ​​ブラウン|オーラルB ジーニアス10000 
  5. ​​ブラウン|​オーラルB PRO2 2500
  6. Panasonic|ドルツ EW-DT52
  7. Panasonic|ドルツ EW-DA45
  8. ​​IONIC|IONPA home kissyou
  9. FOREO|ISSA mini 2 センシティブ ワイルドストロベリー
  10. SHIKEN|ソラデーリズム2​​

※ 2022年8月執筆時の情報です。
詳細は各公式サイトでご確認ください。

フィリップス|ソニッケアー 9900 プレステージ

価格45,540円(税込)
連続使用可能時間14日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)
駆動方式音波式
電源方式充電式
本体サイズ2.7×2.9×23.7cm
重量122g
充電時間​​16時間
交換ブラシ価格1,650円(税込)

2021年に発売されたフィリップスの最新モデルです。一人ひとりに合わせたオーラルケアということで、SenseIQ(センスIQ)テクノロジーを用いて磨き方を最適化してくれます。このセンスIQは毎秒100回の速度でブラッシングの範囲・圧力・動きを検知しているんだとか。

専用アプリと連携しながらどこに磨き残しがあるのかも教えてくれるのも魅力。ブラシヘッドにもこだわっており、手で磨くより20倍歯垢がが除去できるというのですから、驚きですよね。

コンパクトで軽いので、専用のトラベルケースと共に持ち運ぶことも可能です。歯がつるつるになると評判の最新機種、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

フィリップス|ダイヤモンドクリーンスマート

価格41,470円(税込)
連続使用可能時間14日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)
駆動方式音波式
電源方式充電式
本体サイズ3.1×2.8×25.5cm
重量144g
充電時間24時間
交換ブラシ価格1,650円(税込)

アプリを使用しながらより細かい部分のケアまでしたい人は、「ダイヤモンドクリーンスマート」がおすすめです。プレミアムクリーンブラシ・ガムケアブラシ・ホワイトブラシの3種類が標準で付属しており、目的によって使い分けられるのがポイント。

充電式ですが充電器台などもあり大きめなので、自宅用の電動歯ブラシに向いています。強く磨きすぎていたら自動的に強さを調節してくれるうえ、リアルタイムで磨けている場所が確認できるので、子どもの歯磨きトレーニングにもぴったりですよ。

フィリップス|​​ソニッケアープロテクトクリーン

価格9,890円(税込)
連続使用可能時間14日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)
駆動方式音波式
電源方式充電式
本体サイズ3.1×2.8×25.2cm
重量133g
充電時間48時間
交換ブラシ価格1,076円(税込)

いきなり数万円の高級電動歯ブラシは買いづらい、という人は「ソニッケアープロテクトクリーン」が向いています。ソニッケアーシリーズの定番モデルで、歯垢除去や歯茎の健康といった点に特化しているのが特徴。ホワイトニングやガムケアを目的としていないなら、こちらで十分でしょう。

ストローク数は31,000回と、これよりも高いモデルと同じ回数なのもメリットだといえます。洗浄力だけでいえばかなりコスパが高いといえますね。

矯正器具をつけていたり歯に詰め物をしていたりしても、音波が優しく洗い流してくれるので安心です。磨き時間はタイマーでお知らせしてくれるのもポイントですね。

ブラウン|オーラルB ジーニアス10000​​

価格19,240円(税込)
連続使用可能時間12日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)
駆動方式回転式
電源方式充電式
本体サイズ3.5×2.9×24.1cm
重量138g
充電時間12時間
交換ブラシ価格1,090円(税込)

ブラウンの高級電動歯ブラシの中でも最上位モデルの「ジーニアス10000」は、AIがブラッシングを検知して磨き残しを防げるハイテク仕様。6つのモードが搭載されており、歯垢・黄ばみ・歯茎の腫れ・口臭など、それぞれの悩みに対応してくれます

1週間で白い歯を目指すことができ、臨床試験では歯垢除去率が99.7%向上したそうです。独自の丸型ブラシがその洗浄力の秘訣で、ブラシのヘッドが回転しながら歯の間の汚れまでしっかり除去してくれますよ。

回転式の高級電動歯ブラシを検討されているなら、ぜひチェックしておきたい商品です。

ブラウン|​オーラルB PRO2 2500

価格10,380円(税込)
連続使用可能時間12日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)
駆動方式回転式
電源方式充電式
本体サイズ3.05×2.77×23.23cm ​​
重量127g
充電時間12時間
交換ブラシ価格1,090円(税込)

ブラウンのオーラルBシリーズのなかでも標準的なモデル「PRO2」は、シンプルな機能とコスパが魅力。10,000円前後の価格ながら過圧ストッパーや3つのモードが搭載されており、歯の健康を保つのに十分な機能が揃っています。回転式の入門モデルといってもよいでしょう。

回転式ならではの大きめの音は気になる人もいるかもしれませんが、磨き心地・使いやすさともに上位モデルにも引けをとりません。ブラシを毎回交換せずとも、モードを切り替えるだけで通常モード、ホワイトニング、舌ケアモードのように使えるのも便利ですよ。ヘッドの交換が面倒だという人にもぴったりの電動歯ブラシです。

Panasonic|ドルツ EW-DT52

価格30,074円(税込)
連続使用可能時間22日間(90分)
駆動方式音波式
電源方式充電式
本体サイズ2.9×3.4×24.1cm
重量115g
充電時間1時間充電(2分間クイックチャージ)
交換ブラシ価格550円(税込)

パナソニックの電動歯ブラシといえば「ドルツ」ですが、その最上級モデルがこの「EW-DT52」です。Bluetoothと連携しながら自分だけの歯磨きコースを作ったり磨き残しのチェックができたりする最新の技術たっぷりの電動歯ブラシですよ。動画で正しい磨き方が配信されており、定期的にアドバイスももらえるのもメリットです。

さらに、歯科医推奨の横磨きがしやすいのに加えて、Wの音波振動でタタキ磨きも可能に。これにより、歯の隙間の歯垢もしっかり除去してくれます

ガムケアからセンシティブまであらゆるニーズに応えられる電動歯ブラシなので、さまざまな機能が欲しい人にもぴったりです。

パナソニック(Panasonic)
¥28,364 (2022/07/23 15:44時点 | Amazon調べ)

Panasonic|ドルツ EW-DA45

価格16,983円(税込)
連続使用可能時間22日間(90分)
駆動方式音波式
電源方式充電式
本体サイズ2.8×3.3×23.5cm
重量105g
充電時間1時間充電(2分間クイックチャージ)
交換ブラシ価格550円(税込)

パナソニックの定番電動歯ブラシ「ドルツ」のスタンダードモデルがこちら。安心の日本製で、ハイエンドモデルにも搭載されている2分間クイックチャージ機能もついています。忙しい朝に急に充電がなくなっても、2分でチャージできるのはうれしいポイントですよね。

全体は防水設計で丸洗いできるのも魅力。こだわりのブラシは0.02mmという細さで、歯周ポケットもしっかりケアできますよ。本体が軽いので、女性や子どもにもおすすめのモデルです。

​​IONIC|IONPA home kissyou

価格11,050円(税込)
連続使用可能時間25日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)
駆動方式音波式
電源方式充電式
本体サイズ2.8×2.4×23.0cm
重量84g
充電時間4時間
交換ブラシ価格約500円(税込)

イオン歯ブラシという他の大手メーカーにはないジャンルの電動歯ブラシ。​​IONIC(アイオニック)はイオン歯ブラシのリーディングカンパニーで、イオン効果と音波振動のダブルのアプローチでツルツルの歯を目指しますクリーン・マッサージ・ホワイトニング・ガムケアの4つのモードがあるので、お口の中のトータルケアができるのもメリットです。

また、見た目もスタイリッシュなので洗面所に飾っておきたくなりますよね。とても軽いのもポイントでブラシはアイオニックのさまざまなヘッドと交換可能です。きっとお気に入りの組み合わせが見つかるでしょう。

FOREO|ISSA mini 2 センシティブ ワイルドストロベリー

価格16,500円(税込)
連続使用可能時間最大約265日も使用が可能
駆動方式音波・超音波式
電源方式充電式
本体サイズ3.1×2.8×25.5cm
重量​​57.7g
充電時間1時間
交換ブラシ価格3,190円(税込)

ちょっと変わった電動歯ブラシなら今注目のスウェーデンブランド「FOREO(フォレオ)」は要チェック。”FOR EveryOne”がメーカー名の由来で、世界中の幅広い世代に愛されています。

ISSAシリーズはそのころんとしたフォルムとビビッドなカラー展開が印象的ですが、機能性も抜群。医療用シリコンが使用されておりやわらかいので、繊細な歯茎にも安心して使用できます。また、なんといっても1度充電すれば265日も使用できるのが驚きですよね。ブラシヘッド交換も1年に1度で良いので、コスパの面でもおすすめなんです。子ども用もあるので、家族で揃えてみるのもよいですね。

SHIKEN|SOLADEY RHYSTHM(ソラデーリズム)2

価格8,424円(税込)
連続使用可能時間120回(240分)
駆動方式音波式
電源方式乾電池式
本体サイズ1.7×1.9×22.5cm
重量50g
充電時間
交換ブラシ価格

SHIKEN(シケン)の電動歯ブラシは音波と電子の力で歯を健康に保つというのが一番の特徴です。1秒間に約360ストロークという高速振動が与えられることで歯垢を除去、お好みで2種類のモードに切り替えられます。

また、ソーラーパネルとTiO2半導体が搭載されており、歯磨き後の歯をマイナス電子でコーティングしてくれます。そうすることで、12時間後も虫歯菌を寄せ付けずツルツルの歯を保てるんだとか。マイナス電子が出ているかどうかは、LEDランプで知らせてくれますよ。乾電池式なので持ち運びにも便利ですよね。

SOLADEY
¥8,580 (2022/07/23 15:49時点 | Yahooショッピング調べ)

何を買えばいいか迷ったらコレ!

フィリップス|ソニッケアー 9900 プレステージ

\ 購入したい方はこちらから /

高級電動歯ブラシのおすすめ比較一覧表

商品名
フィリップス
ソニッケアー 9900 プレステージ

フィリップス
ダイヤモンドクリーンスマート

フィリップス
ソニッケアープロテクトクリーン

ブラウン
オーラルB ジーニアス10000​​

ブラウン
オーラルB PRO2 2500

Panasonic
ドルツ EW-DT52

Panasonic
ドルツ EW-DA45

​​IONIC
IONPA home kissyou

FOREO
ISSA mini 2 センシティブ ワイルドストロベリー

SHIKEN
SOLADEY RHYSTHM(ソラデーリズム)2
価格(税込)45,540円41,470円9,890円19,240円10,380円30,074円16,983円11,050円16,500円8,424円
連続使用可能時間14日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)14日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)14日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)12日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)12日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)22日間(90分)22日間(90分)25日間(満充電時・1日2回、2分間使用した場合)最大約265日も使用が可能120回(240分)
駆動方式音波式音波式音波式回転式回転式音波式音波式音波式音波・超音波式音波式
電源方式充電式充電式充電式充電式充電式充電式充電式充電式充電式乾電池式
本体サイズ2.7×2.9×23.7cm3.1×2.8×25.5cm3.1×2.8×25.2cm3.5×2.9×24.1cm3.05×2.77×23.23cm ​​2.9×3.4×24.1cm2.8×3.3×23.5cm2.8×2.4×23.0cm3.1×2.8×25.5cm1.7×1.9×22.5cm
重量122g144g133g138g127g115g105g84g​​57.7g50g
充電時間​​16時間24時間48時間12時間12時間1時間充電(2分間クイックチャージ)1時間充電(2分間クイックチャージ)4時間1時間
交換ブラシ価格1,650円(税込)1,650円(税込)1,076円(税込)1,090円(税込)1,090円(税込)550円(税込)550円(税込)約500円(税込)3,190円(税込)
購入詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

今回ご紹介した高級電動歯ブラシを比較してみましょう。メーカーごとにまとめてご紹介しているので、同じメーカー内での違いも比較しやすいかと思います。また大手メーカーだけでなく、付加価値で差別化した他メーカーの高級電動歯ブラシも見逃せませんね。ぜひお気に入りの電動歯ブラシを探してみてください。

まとめ

最後に高級電動歯ブラシを選ぶ時のポイントや注意点について大事なことをまとめておきます。

  • 駆動方式の違いで選ぶ
  • 充電式か乾電池式かで選ぶ
  • メーカーで選ぶ
  • ランニングコストで選ぶ

高級電動歯ブラシは基本的に充電式のものが多く、アプリと連携できる各メーカー最上位モデルもありましたね。メーカーごとの違い、価格差による機能の違いなども比較することで掴めたのではないでしょうか。

これから購入を検討されているのであれば、最新の技術が詰まった最高級モデルをぜひ検討してみてください。これまでの電動歯ブラシの概念がきっと変わるはずです。

高級電動歯ブラシを購入する際の参考になれば幸いです。

おすすめ商品をもう一度見る

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる