PCMAXでデート商法の女と遭遇!怪しさMAXのラインに釣られてみた【出会い系体験談】

出会い系でデート商法の女と遭遇!怪しさMAXのラインに釣られてみた【出会い系体験談】

非モテ男子を騙して稼ぐデート商法は、本当に許せませんよね。

しかし出会い系アプリには、こういった悪質なユーザーがたくさんいるのも事実。

悪質なユーザーを避けるには、どんな手口を使ってくるか知っていなければいけません

時には怪しいとわかっていながらも、突撃して手口を知るのも出会い系ブロガーの責務!

そこで今回は、PCMAXで知り合った女性から怪しさ満点のラインが届いたので会いに行ってみた話しです。

「こんな手口もあるんだなー」と参考にしてみてください。

筆者

悪質な手口だ!

デート商法とは

商品を販売するために異性に近づき、恋愛感情を利用して商品の販売や投資の話を持ちかける詐欺の手口。

何回も会って仲良くなってから商品の話をする場合もあり、デート商法に騙されたと被害者が気付かない場合もある。

- 目次 -

怪しさMAXのライン!引っかかる人いる?

当時、20代前半だった管理人は、出会い系でちょこちょこ女の子と会えるようになってきたころ。

いつも通りPCMAXのプロフィール検索から女の子を探し、たくさんの女の子にメッセージを送っていました。

そこで、マユさんという28歳の女性から返事がきて、とんとん拍子でライン交換までいきます。

筆者

年上のお姉さんか…いいね!

まだまだ非モテ男だった管理人は、20代後半という程よく年上の女性に期待せずにはいられませんでした。(単純)

それからラインを何往復かしていると、急にこんなラインを送ってきました。

ラインやり取り画面

怪しすぎるw

手取りやローンなど、露骨にお金のことまで聞いてくるあたりがヤバいですね。怪しさを隠す気もなさそうです。

普通だったらここで無視して終わりなのですが、一つ気になることが。

筆者

この人はなんの業者なんだ?

出会い系には、援デリ業者・パパ活・ネットワークビジネスの勧誘など色々いますが、この人は何者なのか。

無性に気になってしまった管理人は、この人と会って確かめてみることにしました。

続きのライン↓

怪しさMAXのライン!引っかかる人いる?
ラインやり取り画面

管理人のアンケートの答え部分だけ割愛(結構ちゃんと答えたw)

ラインやり取り画面
筆者

相性98%とか適当過ぎて草

こんな感じで、すぐに会う約束が決まりました。

調べるため会いに行ってみた

会う日の当日、約束をしたのは午前中でしたが、なぜか

一日空いてる日がいいな

と言っていたので、休日に会うことに。

大阪の心斎橋にあるモスバーガーに来てほしいというので、モスバーガーの店内で待ち合わせをします。

先に付いたため飲み物だけ買って待っていると、マユさんがやってきました。

名前:マユさん(仮名)
年齢:28歳
職業:ショップ店員
服装:白のニット、デニム
髪型:暗い茶髪のロング
顔:上の下、キレイ系
体系:スリム、おっぱい大きめ

見た目は美人でスタイルの良いお姉さんという感じです。

筆者

普通に出会っていれば大当たりなのに…

マユさんは自分の分のドリンクとアイス?か何かを注文しましたが、財布を出すそぶりがありません。

筆者

筆者

俺に払わせるつもりか?

相手は何かの勧誘か業者だとわかっているのに、微妙な沈黙に耐えられず払ってしまう管理人。(ヘタレ)

やっと席について、軽く挨拶と雑談をはじめます。

しかし雑談もそこそこに、突然マユさんの自分語りが始まるのでした…

モスバーガーで延々と貧乏エピソードを聞かされる

マユさんは自分の子どもの頃の話を始めました。

小さい頃に親が離婚し、母親と二人暮らしになったと。お金もなかったため貧乏暮らしだったというエピソードを、マシンガントークで語ります。

部活もできなくて、借金を返すためにバイトしてた

おやつが買えないから、クワの実を取ってきて食べてた

ランドセルもおさがりで~

管理人がしゃべるすきもないくらい、こんな話を延々としゃべり続けるマユさん。

完全に同情を誘ってますよね。

筆者

大変だったんですね~(なんの話しやねん)

話を要約すると、こんな感じでした。

  • 小さい頃からずっと貧乏だった
  • 社会人になってもお金がない
  • でも尊敬できる人に出会って、稼げるようになった
  • 今はその人の元で働いていて、月に100万以上稼いでいる

そして、ここで初めてマユさんは自分の職業を明かしました。

実はすぐそこにあるジュエリーショップで働いてるんだ

筆者

あ~そういう…

ジュエリー販売の手口でした

そこからマユさんは、ラインでも聞いてきた管理人の資産状況まで聞き出そうとしてきます。

○○くんは今給料どれくらいなの?

ローンとかはある?

直球でこんなにお金のことを聞いてくる人がいるのかと驚きましたね。

適当にはぐらかしつつ、当たり障りのないことを答えていきます。

筆者

給料は普通くらいですよ。ローンとかはないですね

あっそうなんだー

しばらくそんなことを聞かれた後、ついに

うちのお店すぐそこだから見においでよ!

当時、デート商法がなんなのか知らなかった管理人も、ここで手口を理解しました。

筆者

これがデート商法ってやつね…

さすがにお店まで行くのは怖かったので、手口もわかったしここで切り上げることにしました。

お店に来るようしつこく誘うマユさんに対して、断り続けて何とかモスバーガーを出ます。

微妙な空気のまま駅の入り口まで行き、そこで解散しました。

当然、その後は連絡をすることもなく、この1件は終わりです。

今回はジュエリーショップでしたが、不動産や宝石、毛皮など、高額商品でデート商法が行われています。

美人な販売員が、非モテ男子を騙すという許せない手口ですよね。

まとめ

デート商法は「断って嫌われたらどうしよう」という心理を利用しているので、女慣れしていないほど引っかかってしまいます。

騙されないためには、いろんな女の子と同時進行で出会うことです。

一人の子に執着するのは危険ですよ。

筆者

少しでも怪しいと思ったら会うのはやめよう!

今回は悪質なデート商法と出会ってしまいましたが、PCMAXでは美味しい経験もたくさんできますよ。

他の体験談はこちらで紹介しているので、読んでみてください。

役に立ったらシェアしてください♪
- 目次 -
閉じる